初心者でも簡単!自分でセルフジェルネイルのすすめ※目指すは自宅でサロン開業

ジェルネイルの汚れの原因について※こまめなケアでしっかり長持ち

ジェルネイルの汚れの原因

ジェルネイルの汚れの原因は日常の生活習慣による場合、また、ジェルネイルの施術において、
硬化時間やふき取りに原因がある場合があります。

 

日常生活の習慣

 

日常生活の習慣においては、タバコや紫外線、化粧品などです。

 

タバコは爪先の黄ばみの原因となり、紫外線では長時間紫外線を浴びることで爪全体の黄ばみの原因になります。

 

化粧品にも注意

毎日使う化粧品では、マスカラやアイライナーなど色素の強いものがネイルに色移りしてしまったり、爪とジェルにできる隙間に入り込んでしまうのも黒ずみの原因となります。

 

また、ハイター、カビキラーなどの強い洗剤を素手で使用することで、ジェルネイルが変色してしまうということもあるので、ハイター、カビキラーなどの漂白剤を使用する時は必ずゴム手袋の着用をお勧めします。

 

硬化時間も関係します

 

ジェルネイルの施術においては、ジェルの硬化時間が短すぎたり、長すぎたりした場合にもジェルのツヤや発色に影響し、黄ばみの原因になります。

 

ワイプの拭き取りの際にもジェルが残っていたり、
拭き取りがあまい場合にもジェルが曇ってしまう原因となります。

 

黄ばみなどの汚れを防ぐためにも、ジェルの硬化時間やジェルの正しい使い方を守り、日常的にケアをしていくことが重要です。

 

ジェルネイルの汚れの原因について※こまめなケアでしっかり長持ち関連ページ

主なケア方法について
ジェルネイルはとても乾燥に弱く、日常生活にでの摩擦によりジェルが薄くなり亀裂の原因になします。ジェルネイルの乾燥を防ぐにはキューティクルオイルを塗布し、1週間に1度トップコートを塗ることで美しい状態を保てます。
伸びてきたらどうする?
爪の伸びるスピードは1日平均0.1mm。伸びてきた根元の修正、まずは簡単トップコート。キレイに直すにはジェルで根元を埋めます。定期的なリペアをすることで、でお気に入りのデザインを楽しめます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ジェルネイルの種類 ジェルネイルの準備 キット選びのコツ ケア方法 オフ方法 爪のお手入れについて